総コレステロールが高いとどうなの?

総コレステロールとは、血液中に含まれる全てのコレステロールの総量のことです。

LDLコレステロールやHDLコレステロールほかを合計した値のことです。

以前は、総コレステロール値が基準値よりも高い(220mg/dl以上)と、問題だと言われていました。

しかし今は、それだけだと問題にはなりません。

総コレステロール値だけに注目すると、何がコレステロール値を高くしているのかが判断できないからです。

たとえば(善玉)HDLコレステロールが多いことは良いことなのですが、HDLコレステロール値が高いために総コレステロール値が高いという人もいます。

その場合でも、脂質異常症と診断される可能性があったのです。

なので、総コレステロール値が脂質の異常を正しく反映していない場合があるのです。

そこで、2007年の診断基準改正に伴い、従来の総コレステロール値を診断基準から外し、

・(悪玉)LDLコレステロールが多い場合
・(善玉)HDLコレステロールが少ない場合
・中性脂肪が多い場合

が脂質異常であると診断されるようになりました。

新しい診断基準によって、従来は総コレステロール値が高いために脂質異常症と診断された人でも、正常となる人が増えてきます。

例えば女性は更年期以降、総コレステロール値が高くなりやすいため、脂質異常症とされるケースが少なくありませんでした。

しかし女性は一般に(善玉)HDLコレステロール値が高く、それだけ心筋梗塞などのリスクが低いことがわかってきています。

男性の場合でも、(善玉)HDLコレステロール値が高い人には同様のことが言えます。

最近は健康診断で、LDLとHDL両方のコレステロール値を計測することが一般的になってきています。

LDLとHDLは別々に考えるのでなく、両方のバランスが重要とされ、LH比はその目安として注目されるようになっているのです。

画像の説明

LH比=LDLコレステロール値÷HDLコレステロール値



例えば、LDLコレステロール値138mg/dl、HDLコレステロール値46mg/dlの場合、「138÷46=3」でLH比は3.0となります。

LDLコレステロール値が正常であっても、HDLコレステロール値が低いと心筋梗塞を起こすリスクが高まるため、予防には両方のバランス(LH比)が重視されます。