食事からのコレステロール摂取量を抑える

食べ物に含まれるコレステロールは、その全てが体内に吸収されるわけではなく、6割は便といっしょに排出されます。

つまり、食べ物自体のコレステロールの量がそのまま血中コレステロールになるわけではありません。

しかし、必要以上のコレステロールを食事からとれば、血中コレステロール値は増えます。

健康であれば、体内のコレステロール量を調整する機能が働きます。

しかし、すでにLDLコレステロール値が高い人は、普通の人よりコレステロールの吸収率が高くなっているので、食事からのコレステロールによって血中コレステロールが増えやすいことが多いと考えられています。

太っている人も、コレステロールの多い食品をたくさん食べると、血中コレステロール値に影響がでる傾向があるので注意が必要です。



LDLコレステロール値を下げるには、1日の食事量を適正にしたうえで、食事からのコレステロール摂取量を減らすようにしなくてはいけません。

コレステロールが多い食品は鶏卵、イクラやたらこなどの魚卵、ししゃもなど丸ごと食べる小魚、レバーなどです。

マヨネーズなどの卵を使った加工食品、チーズやバターなどの乳製品も要注意です。

こうした食品の中には1回の食事で、1日のコレステロール摂取量の適正量を超えることもあるので、1回に食べる量を少なくしたり、食べる回数を減らすようにしましょう。

また、含まれるコレステロールの量にかかわらず、必要以上の量の食事をとることでも、コレステロール値は上がります。

食べ過ぎによって体内のアセチルCoAが増え、コレステロールの合成が活発になるためです。

ですから、食事の量を減らせば、その分コレステロールの合成は抑えられるので、特別な食事療法や食品選びをしなくてもコレステロールが下がることがあるのです。

食べ過ぎは、中性脂肪を増やし肥満にもつながりますので、腹8分目を心がけるようにしましょう。


コレステロールを多く含むおもな食品
swfu/d/g20.jpg