LDLコレステロール値が高い原因には更年期も

画像の説明

女性は更年期になると、LDLコレステロール値が高くなる傾向があります。

更年期になると、女性ホルモンのバランスが変化するため、さまざまな変調や不快症状を起こします。

LDLコレステロール値も、この時期に上昇しやすくなるのです。



女性ホルモンのバランスの変化は、エストロゲンという女性ホルモンの減少が原因です。

女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンの2つがあります。

これら2つのホルモンは、一定の周期でそれぞれの分泌量のバランスを変えながら、女性の体と心に作用しています。

プロゲステロンは、妊娠を助けるホルモンです。

受精卵が子宮内膜に着床しやすい状態に整え、妊娠後は妊娠を継続させる働きをします。

一方エストロゲンは、女性らしさをつくるホルモンです。

女性らしい体をつくり、女性の体をさまざまなかたちで守っています。

自律神経、感情の動き、骨、皮膚、脳の働きにも大きく関わっています。

また、コレステロールの分解、排泄を促進して、血液中のコレステロールを正常に保つよう働いています。

肝臓の酵素に働きかけて、血液中のLDL(悪玉)コレステロールが増えすぎるのを抑え、HDL(善玉)コレステロールの合成を促します。

これによって、女性は生理があるうちはエストロゲンの働きで、LDLコレステロール値が正常に保たれているのです。

しかし、閉経を境にエストロゲンがほとんど分泌されなくなります。

そうなると、善玉のHDLコレステロールは減少し、逆に悪玉のLDLコレステロールが上昇してくるのです。

このように、女性は更年期になると、さまざまな変調や不快症状とともに、LDLコレステロール値も高くなります。